MENU

不整脈による息苦しい症状の原因とは?

スポンサーリンク

今回は、不整脈が原因による息苦しさについて説明をしていきたいと思います。
一言で不整脈といっても、原因があり、例えばちょっと階段を上った時に脈が上がっても不整脈と一時づけられるということになります。
さて、話を戻しますがこの不整脈ですが、大きく分けて3つに別れます。
脈が減少する「徐脈」脈が速くなる「頻脈」そして、日常生活やちょっとしたことで脈が飛んだりする「期外収縮」があります。
まず、脈というのは一定のリズムで流れています。
これは心臓のリズムによるものなのですが、これがずれることを不整脈といいます。
また、歳を重ねることで次第にそのリズムの正確性が徐々にずれてしまいます。
そのため、人間だれもがいずれは不整脈の症状を引き起こすということになります。
実は、30歳を超えると多くの方が不整脈を確認することができます。
しかし、その振れ幅は個人差があり生活に支障が出るレベルの方もいれば、生涯影響が出ないという方まで実にさまざまです。
この期外収縮はほとんどのケースで心配がない症状ではあるのですが、心臓病を患っていたり、可能性がある方この症状が出る場合があります。
その場合は、慎重である必要があります。

スポンサーリンク

症状も様々あるのですが、脈が飛ぶことで、脳の血流が一瞬滞ることがあります。
その際に、めまいが起こったりドキッと胸の息苦しさを感じることがあります。
また、脈が遅くなったと思ったら急に脈が上がることもあります。
。今度は、脈の遅くなった状態から一変して、突然脈が速くなることもあります。
不整脈が起こることで胸の奥でぴくぴくとして呼吸困難の症状を起こすことがあります。
特に頻度が多かったりすると血液の循環も悪くなるため、検査を行い処置を施す必要があるかもしれません。
また原因としては、ストレスが関わっているといわれています。
これは自律神経が関わっていると言われていて、自律神経によって感情により脈が速くなったり、遅くなったりと起こることがあります。像しますが、それだけでなく寝不足や疲労なども自律神経が失調しやすいものです。また環境が急激に変化してくると、体がついていかずストレスが増してきます。
また息苦しさの原因としてあるのが、「徐脈」です。
これは脈が減るのですが、この際に酸素供給がとどこってしまうということがあり、胸が苦しくなることがあります。
また、あまりに脈が低い場合には命に関わるケースもあるので非常に注意が必要です。
1年に一度は健康診断を行い、自分の脈が正しいリズムなのかどうかということをしっかりと認識する必要があります。

スポンサーリンク