MENU

「みぞおち上部」の違和感の原因とはなに!?

スポンサーリンク

人の体というのは、様々なサインを出します。
特に、痛みというのは体の状態を把握するのに非常に重要なサインになります。
皆さんもお腹が痛いという経験や頭痛、喉の痛みなど様々経験されていることだと思います。
そんなサインが時によっては重大な疾患や病気などを発見する重要なメッセージである場合もあります。
今回は、そんな「みぞうちの上部の違和感」について説明をしていきたいと思います。
上腹部の中心にあたる場所を「みぞおち」といい喉からずっと体の下に線を引いてみるとわかりやすいですが、肋骨の左右の分かれ目の部分のくぼんだ部分になります。
この部分のい痛みというのは主に「胃腸の異常」が原因であることが多いです。
痛みも実にさまざま存在しており、キリキリとした痛みや、むかつき、嘔吐、食欲不振、胸の圧迫感なぢ実にさまざま存在しています。
この症状というのは胃の粘膜が炎症を起こしている事によって引き起こされているといえます。
そして、その要因や原因としては。暴飲暴食を初め、嗜好品のタバコやアルコールの摂取があります。
さらに近年多いのが、ストレスが原因による胃酸の出過ぎということもあります。

スポンサーリンク

これらは胃酸の分泌を促進しさらに増加することで、胃・十二指腸の粘膜に傷をつけてしまいます。
また食事中もしくは食事後に痛みを感じたり、胸やけ、ゲップ、吐血、血便などといった症状ですと「胃潰瘍」の可能性かあります。
特に食事の際に症状がでるのですが、初期の段階であれば治療にあまり時間がかからにのですが、慢性によって激しく痛む場合には治療に長い時間がかかることがあります。
ストレスなどの自律神経の乱れでも同様に胃潰瘍や胃酸過多という症状になりやはり胃腸に影響を与えることがあります。
これらが原因となる病気としては、「急性胃炎・十二指腸潰瘍、胆石症・膵炎・心筋梗塞」などの可能性が考えられます。
また重大な病気としては上記にもありますが、心筋梗塞や胃がんの場合があります。
胃腸の病気ですと、おおよそがみぞうちに症状が出ることが多いです。
また、急性膵炎の場合には激しい痛みを起こします。
他にも虫垂炎では初期の段階でみぞおちの痛みが現れることがあります。
その後は痛みを増しながら右下へ移動していきます。
心筋梗塞ではみぞうちの他にも胸に激痛が起こり、吐き気や冷や汗といった症状が現れます。

スポンサーリンク