MENU

「みぞうち」に違和感・圧迫感・息苦しさ等ある場合ってなぜ?

スポンサーリンク

みぞうちというのは、お腹の上の部分に存在します。
肋骨の下から臍の上あたりの部位をさし、内臓器官でいうと胃のある位置にあたります。
ちょうど、体の左右の真ん中に位置しており、中にはぶつけてとても痛い経験をされた方も中にはいるのではないかと思います。
今回はこの「みぞうち周辺の息苦しさ」について説明をしてきたいと思います。
この部位の周りに違和感、圧迫感、息苦しいということを感じた場合には様々な原因があることが原因はいろいろと考えられます。
外傷を除いて、起こる違和感としては一番多いといえるのは、「胃腸関係」の消化器官に関してになるかと思います。
また痛みが右側の肋骨の下近辺の「上腹部」であった場合には、内臓では肝臓、胆のうが存在している位置ですので該当している可能性があります。
特に、肝臓という臓器は、症状をなかなか表さないこともあり、「沈黙の臓器」といわれています。
ですので、日常生活で痛みや違和感が出るということが少ないです。
この場合には「胆石・肝臓や胆のうの感染症・腫瘍」などを考えてみてもいいかと思います。
続いてみぞおちから「左上の腹部」である場合に消化器官系で「胃・食道・すい臓」の可能性があります。

スポンサーリンク

これらが原因の場合には多くの病気が考えられるのですが、例えば、「逆流性食道炎・膵炎・胃潰瘍・胃がん・膵がん」といったものが多いです。
特に日常生活で多いものと言えば「胃炎」になるのでないかと思います。
この場合には、胃腸、消化器科のある病院に行かれるとよいかと思います。
また内科で診察を行っているところもありますのでご確認してみてください。
上記は内臓で特に原因として多いものをきさいしているのですが、中にはほかの器官からもたらされる違和感であることも考えらえれます。
それは「心臓疾患」が原因である場合です。
心臓疾患の中でも「虚血性心疾患・狭心症・心筋梗塞」が該当します。
これらというのは、主に中高年以上に起こる病気とされています。
これは、長年のライフスタイルから持たされることが多いのが原因で、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れが蓄積することで起こるといわれています。
しかし、近年では、若い方でも生活の乱れがあることが多くなっており、若年性で症状を発症する方もいます。
特に狭心症の場合ですとみぞおち付近や胸全体に加えて、腕にも痛みを覚えることがあります。
心筋梗塞ですと、強烈な痛みに襲われ、胸が締め付けられる痛みが30分以上持続することもあります。
そのほか、心の病気の可能性も否定はできないのですが、まずは自分の体のために身近な病院で検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク