MENU

呼吸性アシドーシスとはその意味と症状

スポンサーリンク

人の体内では酸素と二酸化炭素が入れ替わりながら呼吸が行われているのです。
この意味ですが呼吸性アシドーシスとは体内に二酸化炭素が溜まっている状態です。
酸素を吸って二酸化炭素を放出するのが呼吸です。
体内に酸素が入らないほど二酸化炭素が多い症状が起きているのです。
呼吸が上手く出来ないことから酸素を取り込めていないのです。
この意味は酸素濃度が二酸化炭素の量より少ない症状になっているのです。
呼吸性アシドーシスとは動脈血検査データから診断できるのです。
一般的に言われている呼吸不全は呼吸性アシドーシスの事なのです。
酸素を供給する治療が開始されると自然と体内から二酸化炭素が出されて酸素が吸収されていくのです。

スポンサーリンク

 

呼吸性アシドーシスとは酸素が足りない状態ですから酸素が開始されます。
ここで一から急に多量の酸素を送り込むと今度は逆の状態になるのです。
それが過呼吸の状態になるのです。
なので酸素供給開始時は少ない量から徐々に上げていくのです。
すると呼吸性アシドーシスとは自力で呼吸が行えない状態です。
息が苦しいと患者さんが言う時に患者さんの指で測定できる酸素飽和度の正常値は95%以上です。
この時の患者さんは80代の数値になっている場合が多いのです。
酸素濃度を測定して低い時は供給量を増やします。
95%くらいで安定していればそのまま継続していくのです。
この時に酸素量が増え過ぎると過呼吸にならないように調整を繰り返しながら酸素を供給していくのです。

スポンサーリンク