MENU

呼吸抑制とはどんな症状が出るのかや、その意味について

スポンサーリンク

 呼吸抑制とはその名の通りに呼吸が抑制されてしまう事を意味していて、呼吸がスムーズに出来なくなります。
この疾患を招く原因としては薬の副作用、ガン治療における麻薬の使用等が考えられます。
こうした薬の服用や麻薬の使用をする事によって、呼吸中枢という部分の働きが低下してしまいます。

 

 

 呼吸中枢は呼吸をするための一連の作業と関わっているので、この部分の働きが低下すると呼吸が正常に出来なくなります。
具体的には横隔膜の収縮等が充分に行われない、呼吸をサポートする筋肉が動かない等の現象が起こります。
その結果として呼吸が満足に出来ずに、様々な症状が現われてくる事になります。
代表的な症状としては呼吸回数の減少や頭痛、眩暈や息苦しさ等が挙げられます。

スポンサーリンク

 

 前述したように呼吸抑制とは呼吸が正常に行われなくなり、呼吸回数の減少等を招く事を意味しています。
ただ呼吸抑制とよく似た言葉として有名なものに、呼吸困難というものがあります。
この2つはどちらも呼吸に関する言葉である事は共通していますが、その意味は少し違います。

 

 

 呼吸困難とは呼吸をする時に上手く行なわれていない事を実感したり、強い苦しさを感じる等の状態の事を言います。
つまり脳が呼吸に関する何等かの異常をきちんと察知して、それに対して反応を示している状態という事になります。

 

 これに対して呼吸抑制とは呼吸中枢の異常によって、呼吸が抑制されている状態の事を言います。
つまり呼吸抑制が発生する事によって、呼吸困難という状態になってしまうという事になります。

スポンサーリンク