MENU

方法や呼吸数でわかる男女の違い

スポンサーリンク

一般的に呼吸は胸式呼吸と腹式呼吸に分かれていますが、男女によって行う比率が異なるのは事実です。
男性は比較的腹式呼吸を行うことが多いのに対して、女性は胸式呼吸がおおいといいます。
女性が肺呼吸になる理由としては、遺伝子的な理由で子宮を守る効果が期待されています。
妊娠によって胎内にいる子供を守るため、肺で呼吸する習慣が身につくと考えている説もあるほどです。
男女ごとに呼吸数には違いがありますが、呼吸方法そのものから異なるため、当たり前のことと言えます。
腹式呼吸のほうが胸式呼吸よりも吸い込む酸素の量が多く、男性の呼吸するときの酸素が多くあるため呼吸数が少なく考えられていますが、平均的に男女関係なく12回から20回程度として評価されているのも事実です。
明治以前まで日本人の過半数が行っている呼吸方法として挙げられた腹式呼吸を行うことで、肝が据わります。
何者に対しても動じなくなるため、ビジネスにぴったりです。

スポンサーリンク

意外かも知れませんが、救急病院でタンカに載せられてかけられている毛布の場所も、男女によって違いが出ています。
男性はヘソ下にかけられますが、女性は胸にかけられることが少なくありません。
理由として呼吸法が異なるから、生存しているかどうかの目安にするためです。
医学分野でも男女の呼吸差が正しく理解されているため、具体的な行動をしていると言えます。
呼吸数の違いは浅く呼吸をするか、深く呼吸をするかによって著しく異なるのは事実です。
毎日のライフスタイルでパートナーなどから呼吸をしている部位を確認し、万が一のときに役立てられるようにしている人も少なくありません。
なお、この方法は幼少期には余り関係がないといわれています。
男女ともに押さないころは複式で、成長とともに胸式呼吸となっているからです。
ただし小学生までには全員胸式で呼吸をしていることが定番として、多くの人がセミナーなどに参加して呼吸法を身につけています。

スポンサーリンク