MENU

浅い呼吸や苦しい症状はストレスが関係している

スポンサーリンク

呼吸が浅い、苦しい症状にはストレスが関係している可能性も挙げられます。
原因の1つには活性酸素が影響しており、細菌から細胞を守る役割を担っていますが、口や鼻から取り込まれる酸素のうち約2%が活性酸素になります。
活性酸素は多すぎると老化を早めてしまいやすく、呼吸器にも影響を及ぼします。
何らかのストレスが身体に蓄積されることで、副腎皮質ホルモンが緩和のために分泌されるのですが、活性酸素までが同時に作られてしまうために老化現象として肌荒れや疲労感のみならず、呼吸器にも影響を与えてしまいます。
対策として、活性酸素を抑制させる抗酸化物質を補うことがポイントで、強い抗酸化力のあるビタミンCはストレスも和らげてくれます。
また最近では、睡眠トラブルも増えています。
特に浅くて息苦しくなる症状を起こしやすいのが、睡眠時無呼吸症候群です。
一見、ストレスとの関連性がないシンドロームに見えますが、ストレスが蓄積されることで身体は普段よりも酸素を必要とし、口呼吸になりやすい難点が挙げられます。

スポンサーリンク

睡眠時の口呼吸での眠りが問題でもあり、舌が喉の奥へと落ち込み、気道が狭くなります。
その結果、浅い・苦しい症状を起こしやすくなるため、早めに医療機関での治療が必要なシンドロームです。
またストレスとの関係が深いのが自律神経失調症で、自律神経は生きる上で必要な身体の様々な働きを担っています。
もちろん、呼吸器もその1つであり、自律神経のバランスが乱れることで交感神経が優位になり、リラックス作用を持つ副交感神経の働きが弱まってしまいます。
結果的に、ちょっと動いただけで息切れをしたり、浅い眠りとなる睡眠障害も起こりやすく、対策としてバランスのよい食事や睡眠、運動や趣味を見つけるなどの生活習慣の見直しが自律神経のバランスを整えることに繋がります。
また、自律神経失調症では喘息などの疾患も起こしやすい特徴があり、喘息は気道が狭くなることで息苦しい症状を招くため、治療を最優先させます。
酸素を鼻から深く吸い込み口から吐き出す行為で症状を軽くできたり、関係性の高いストレスを和らげることにも繋がるため、日頃できる対策の1つです。

スポンサーリンク