MENU

治療における投薬で起きる確率がある1症状の呼吸抑制とは

スポンサーリンク

治療では注意が必要な様々な状況が挙げられます。
その1例に挙げられる呼吸抑制とは、医療用に使われる薬品の服用における副作用の1種を指した症状です。
具体的に呼吸抑制とは、呼吸を司る中枢組織への作用により、呼吸の仕組みを支える横隔膜や関連する筋群の働きに異常を起こした状態が該当します。
その結果、正常な呼吸の動作が取れなくなり、呼吸が抑制された状況と定義されています。
したがって口を塞ぐ等の物理的手段による影響や、緊張などの心理的影響による神経の働きが崩れた結果で起きる呼吸困難とは区別されています。
ただし一方で薬剤の効能を調査する場合には、医薬品による心理面への影響も考慮し、漠然とした息苦しさや圧迫感なども、副作用の確率としてカウントする場合があると言われています。
こうした呼吸抑制とは、処方される医薬品成分における注意が必要だとして、公的機関による注意喚起がされる症状になっています。
成分による事例の報告がされれば、添付説明書の注意書きの内容を改める指示を製造販売元へ送るなど、安全面に配慮した措置が取られる様になっています。

スポンサーリンク

またガンなどの治療で使う、痛みを抑える成分にも呼吸抑制の副作用が起きるケースが知られています。
こうした成分が呼吸中枢に作用すると、二酸化炭素に対する感度が鈍くなり、呼吸回数減少や血中酸素量減少が起きるとされます。
一般的には適正量の投与による治療であれば、呼吸抑制に該当する症状が起きる確率は低いとみられています。
しかしながら静脈への直接注射などで血中成分濃度の急な上昇が起きた状況では、副作用の生じる確率が指摘されます。
あるいは腎臓などの解毒機能の低下で体内での成分蓄積が起きやすくなれば、適正量でも症状が起きる確率が高まります。
そうした状況を防ぐために、通常は副作用が起きていないか、眠気などの前段階症状が出ていないか、といった面を確認しながら、量を増やす処置が推奨されます。
その他、呼吸抑制の確率がある成分の服用や治療においては、別途に救急用の蘇生剤や、成分の受容体をコントロールする薬剤を使った対処が推奨される様になっています。
また呼吸や血圧を測定する準備によって、循環器系の働きを観察する処置も推奨されます。

スポンサーリンク