MENU

呼吸が浅い状態や苦しい状態になって、咳が多くなった場合について

スポンサーリンク

呼吸をしていて息苦しさを感じた場合は喘息の可能性があります。
喘息の特徴は浅い呼吸となり、そして息をする回数が速くなると共に咳をする回数も非常に多くなります。
自分が喘息かも知れないと感じた場合は早急に内科を受診するようにしましょう。
病院に行かずに我慢をしてしまうと、場合によっては呼吸困難になってしまい危険な状態になる可能性があります。
咳と呼吸困難のために歩行が困難な場合は無理をせずに救急車を呼ぶ事を推奨します。
病院では聴診器による問診と、その後に肺と気管のレントゲン検査を行います。
それによって喘息であると診断された場合は吸入器によって気管を広げて、呼吸を楽にする処置が行われる事が一般的です。
吸入器を処方されても浅い息が続く場合は我慢をせずに医師か看護師に相談するようにしましょう。
この場合、吸入器の薬の種類や量が合わない事が考えられるために、医師が対応してくれます。
また医師の問診では息をするのが苦しい状態になる時間帯を伝えるようにした方が適切な治療が行われます。

スポンサーリンク

息をするのが苦しい状態が続く場合は、喘息の可能性があります。
喘息の原因は個人差があります。
例えば幼児の中にはアレルギーが引き金となって息が苦しい状態になる人もいます。
また成人してからも過労やストレスが要因となり、気管支喘息を発症する場合があります。
喘息の症状の特徴としては息が浅い状態になる事です。
咳が長時間続く人も多いために、睡眠不足になるケースがあります。
また激しい咳のために食事が難しくなる人もいます。
そのため免疫力が低下して、他の病気も併発してしまう人も存在します。
重度の喘息を発症した場合は入院処置になる事が多いです。
入院をして薬によって症状を緩和させて、そして点滴によって体力を回復させる等の処置がなされます。
最近は胸に治療薬を塗る方法も有効となっています。
喘息の予防としては、腹式呼吸を鍛えることが有効です。
腹式呼吸を有効に行うことによって、肺に新鮮な空気を大量に入れる事が可能となります。

スポンサーリンク