MENU

成人の正常な呼吸数からわかること

スポンサーリンク

成人の男女共呼吸数の正常な値は12回前後です。
この回数より早い時は運動をした後には呼吸の回数が増えるのは当たり前です。
ところが安静時でも運動した時と同じ様な回数よりも多く呼吸をする時が健康な人でも起きるのです。
その時はストレスなどからくる過呼吸と呼ばれるものです。
一度何かのきっかけで呼吸が速くなると自分ではコントロールが難しくなるものです。
この時は呼吸をかなりしているのに関わらず酸欠の様な息苦しさを感じるものです。
逆に成人の正常な値より少ない場合があるのです。
例えば睡眠時無呼吸症候群と言われている疾患の場合です。
この様に成人の正常な呼吸数を知ることで多い時と少ない時の疾患を知ることが出来るのです。

スポンサーリンク

 

成人の正常な呼吸数を知っていると便利な時があるのです。
他の人が緊張しているかがわかるのです。
人は緊張すると呼吸数が速くなるのです。
これは緊張から色々な事を考えてしまいます。
脳を使う事だけでも酸素やエネルギーは消耗されているのです。
呼吸数を数える時の注意点です。
相手が座ってくつろいでいる時の呼吸の回数を数えます。
すると落ち着いている場合は正常な値です。
回数が多い時は深呼吸をしてもらうと落ち着きます。
これは例えば試験や面接時につかえるのです。
緊張感に気がつかないほど緊張している時に深呼吸を促してあげられるのです。
そうすることでリラックスが出来ます。
これを一緒に受けに行った人がいたらお互いにリラックスが出来るのです。

スポンサーリンク