MENU

呼吸が浅いこととあくびの関係と危険性・対処法

スポンサーリンク

体質により呼吸が浅い症状がある場合には、それにより酸欠になることがあり、あくびが出てしまうことがあります。
そのため呼吸が浅い方はあくびが出るというのは関係があるといえます。
もともとあくびは眠い時や退屈な時にでますが、あくびは身体に酸素を取り込んでくれるため、疲労回復を促してくれる効果があります。
ただ人よりも回数が多い場合には、危険な状態であることも考えられます。
それが酸欠状態ということです。
酸欠状態になる場合には、体質により呼吸が浅い人である他、環境も考えられます。
例えば満員電車や狭い部屋といった所も関係があり、そのような空間に長時間いることで酸欠状態になることがあります。
酸欠状態が続くと痩せにくい、眠い、偏頭痛、肩こりといったような症状が出てきます。
また、あまりにも長く続いてしまうと、脳卒中や脳梗塞や目の病気といったような深刻な病気に関係してくることもあるとされています。
そのためには酸欠状態から脱出する必要があります。

スポンサーリンク

呼吸が浅い等の体質によって酸欠状態になりがちの人に場合は、運動をすることで改善することがあります。
それは運動をすることにより、肺や横隔膜が鍛えられることで肺活量がアップし、酸素を多く取り込める深い呼吸ができるようになるためです。
試合等の緊張する場面での運動は呼吸が浅くなるため、リラックスした状態で運動を行うことが大事とされています。
体質の場合にも環境の場合にも有効な手段として、腹式呼吸による深呼吸をするということがあります。
ゆっくりと鼻から吸い口から吐くということを朝晩や休憩の合間等に行うことで、身体に酸素がいきわたり、酸欠状態を改善することに繋がります。
さらに、鉄分を摂取するということも酸欠状態を解消する手段の一つとなっています。
ヘモグロビンは体中に酸素を運搬する手伝いを行ってくれるためです。
普段の食生活の中で十分な鉄分を摂取することで、酸欠状態を解消することに繋がっていきます。
呼吸が浅くあくびが頻繁にでる場合は、酸欠状態を疑い対処していくのが良さそうです。

スポンサーリンク