MENU

呼吸が浅い、咳が長引く症状の原因は、喘息の場合があります

スポンサーリンク

咳は、ちょっとした環境の変化でも発生する事があります。
しかし、呼吸がし難いなどの状態がある場合には、病気の発症も疑われます。
 呼吸が浅い、咳が出るなどの症状は、原因として、喘息の可能性があります。
風邪の場合にも、似た症状が出る事がありますので、自分では気付かない場合もあります。
長引く咳などがある場合には、一度循環器系のクリニックを受診して、検査をしてもらうなどで判明する事が多くなります。
 喘息の場合には、ゼーゼーといった音を伴う独特の呼吸になる事もあります。
呼吸器系の病気ですので、呼吸が浅い、空気を肺の奥まで吸い込むのに、難しさを感じる事があります。
原因が喘息の場合には、発作が起きない様にする必要もあります。
血液検査などで喘息と判明した場合、呼吸が浅い、咳が酷い症状であれば、入院をして点滴を打つなどの場合もあります。
普段の生活においては、喘息用の予防薬などを利用する事で、発作が発生しない様にする事も可能になります。
副作用の危険性なども含めて、お薬の服用、治療方法を医師と相談して進めていく事ができます。

スポンサーリンク

 呼吸が浅い、長引く咳の症状がある原因は、COPDと呼ばれる、慢性閉塞性肺疾患の可能性があります。
肺気腫や慢性気管支炎など、呼吸器に異常が起きて呼吸困難になる病気について、総称した呼び方になっています。
最近では、長年の喫煙習慣により、COPDを発症している可能性が指摘され、広く認知される様にもなっています。
 特に長年の喫煙習慣がある人は、たばこに含まれる成分がからだに蓄積され、呼吸が浅い、咳がよく出るなどの症状が見られます。
肺の組織の先端部分で、炎症が起きている可能性があります。
自分では、COPDを発症している事に気付かない人もいます。
病院を受診して、COPDが判明した場合には、禁煙なども併せて行っていく必要があります。
禁煙は、一気に行うのが無理な場合もあります。
方法は複数あり、禁煙外来などを設けているクリニックなどもありますので、情報を収集して、受診する事も可能です。
 症状の改善は、まずははじめの一歩から行い、徐々に禁煙をしていく事もポイントになります。

スポンサーリンク