MENU

呼吸が浅い、息苦しい、動悸の原因は、循環器系の病気です

スポンサーリンク

生きるからだの機能として、酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出す呼吸があります。
通常の状態であれば、深呼吸などもでき、苦しい状態がなく、自然の働きができます。
 呼吸が浅い、息苦しい、動悸がするなどの場合には、原因として循環器系の病気を発症している可能性が疑われます。
心筋梗塞などの場合には、呼吸が浅い、息苦しい、動悸がする症状に見舞われる事があります。
元々、心筋梗塞などの持病がある場合には、発作が起きない様に、普段から注意をしているケースも多く見られます。
場合によっては、手術を行って、心臓の働きを維持する事もあります。
 心筋梗塞などは、心臓を取り巻く太い冠動脈が詰まってしまう状態ですが、管が梗塞状態になると、血液を上手く送れません。
心臓は、心臓自身の働きも重要ですが、からだ全体に血液を送る役割も果たしています。
原因が心筋梗塞の場合には、放置してしまうと、命の危険性が出てくる事になります。
一度循環器系のクリニックを受診して、心臓の働きなども確認してもらう必要もあります。

スポンサーリンク

 夜寝ていて、明け方頃に呼吸が浅い、息苦しい、動悸もあるという場合には、喘息の発症なども推察されます。
喘息の場合には、朝起きた時に、透明なゼリー状の痰などが伴う事も多く見られる症状です。
喘息が原因で、放置した場合には、発作が起きる可能性もあります。
喘息で発作が起きると、呼吸をするのが非常に苦しくなり、咳き込む状態になります。
更に悪化した場合には、唇や指先が紫色に変色するなど、チアノーゼの状態になり、咳なども出なくなる様になります。
非常に危険な状態ですが、喘息の場合には、毎日の生活の中で、自分でコントロールできる部分もあります。
 喘息は、発作に繋がる要因として、アレルギーによるものが多いですが、要因となるものは人によって違いがあります。
病院の血液検査などで判明しますので、喘息の治療と共に、医師の診断に従う事で、改善に向かう場合が多くなります。
要因となるものを避けて、予防のお薬を利用する事により、発作を回避するなどのコントロールも必要になります。

スポンサーリンク