MENU

呼吸数と心拍数の基準値を知って健やかに過ごしましょう

スポンサーリンク

呼吸数とはその名の通り1分間に繰り返されるその人の呼吸の回数です。
基準値とされているのは健康な成人で12回から16回です。
低年齢になるほど呼吸数は多くなり、幼児は20回から30回、新生児までさかのぼると40回から50回になります。
呼吸数は気持ちの変化や深さやリズムで変動しますので落ち着いて測定する事が大切です。
成人の場合1分間に12回以下を除呼吸といい、20回以上を頻呼吸といいます。
運動直後には頻呼吸になりますが、平静時に頻呼吸の状態になっている場合、発熱をともなっている事があるので要注意です。
呼吸の数と体調は密接に関わっていて、呼吸を整える事で様々な効果が表れます。
呼吸は自律神経に支配されているので深くゆっくりとした呼吸を心がける事でリラックス効果、安眠効果、冷え症改善などに役立ちます。
呼吸の数は一般的に緊張するほど多くなり、リラックスすると少なくなる傾向にあるようです。
普段から自分の呼吸数を知る事である程度心理的なコンディションも調べる事ができます。

スポンサーリンク

心拍数は1分間に心臓が全身に血液を送り出す回数を表しています。
基準値は成人が50回から90回程度、児童で70回から110回程度、新生児は110回から140回程度になります。
数字が表わす通り心拍数は年齢を重ねるほど、少なくなっていきます。
運動直後は心拍数が増加しますが、それ以外の場合で心拍数が多い場合は発熱や何らかの疾患の可能性があります。
また、運動後に心拍数が戻りにくい場合も何らかの疾患の可能性があります。
例えば貧血や心臓病などの疑いがあります。
また、運動中の心拍数を計る事でその運動がその人にとってどれくらいの強度かを測る事も出来ます。
これによってエクササイズなどの適正なペースを計る事に用いられる事があります。
年齢によって心拍の基準値はほぼ一定しているので、よく用いられています。
普段から自分の心拍数を把握する事によって体調や、その他身体に現れる様々な変化を知る事ができるので、健康管理と言う意味でも心拍の状態を知っておく事は有効です。

スポンサーリンク