MENU

浅い呼吸が急に起きた場合は病院の何科に通うべきか

スポンサーリンク

浅い呼吸が急に起き始めた時は病院では何科かわかりにくいものです。
その時は呼吸器内科になるのです。
また徐々に浅い呼吸が起きると神経内科になるのです。
長い間体内に上手く酸素が取り込まれていない状態が続いていると低酸素脳症が起きます。
その時は病院の何科になるのかというと脳神経外科になるのです。
このように症状が起きた時の時期がどれくらい前からかが重要になってくるのです。
いつからどのような起きてどのような状態になっているのかをわかりやすくメモに残して起きます。
これを病院の相談窓口やインフォメーションで相談すると何科で診察を受けるべきか教えてもらえます。
言われた診療科の外来名を受付で伝えるとカルテをまわしてもらえるのです。

スポンサーリンク

 

急に呼吸が浅くなったときは迷わず救急車を呼びます。
何が原因で起きているのかがわからない場合はストレッチャーで横になって移動した方が患者さんは体が楽になるからです。
救急車の場合はかかりつけの病院があればまずその名前伝えます。
救急ではない場合でも専門医がいると診察してもらえるからです。
その他の病院など対応できるかなどは救急隊員が調べてくれるのです。
その間にどのような症状がいつから起きてどれくらい続いているという事を焦らずに伝えると受け入れ先が早くわかるのです。
動揺しやすいものです。
しかし頑張っているのは患者さんなのです。
不安にさせないように冷静な対応を行うことが家族などを助けることになるのです。
またこれだけの症状では命に関わることはまだないのです。

スポンサーリンク