MENU

過換気症候群は、呼吸が浅い・めまいなどの症状を伴います

スポンサーリンク

呼吸が浅い・めまいの症状を伴う病気に過換気症候群があげられます。
過換気症候群は、強い不安や緊張により突然に呼吸過多になってしまう病気のことです。
呼吸発作は30分から1時間程で軽快することが多いものの、人によっては数時間続くこともあります。
女性や思春期時期の若い人に多く見られ、身体的な異常は見られないのが特徴です。
この病気は、精神的な要因が主な原因とされていて、神経質で心配性の人が罹りやすい傾向にあります。
呼吸発作により、めまいや呼吸が浅い・動悸・手足のしびれといった症状が現れます。
過換気症候群が疑われる場合には、呼吸器科や心療内科のある医療機関を受診するようにします。
治療は薬とカウンセリングが中心となります。

スポンサーリンク

 

呼吸発作や精神的な不安を抑える目的で鎮静薬や精神安定剤が用いられます。
これらの薬を使用することにより、発作予防や精神の安定を図ることが可能となります。
過換気症候群の原因となっている精神的な要因を解消するため、医師によるカウンセリングも治療法の1つです。
カウンセリングを通じて病気の原因を突き止めたり、自身の内面を見つめ直したりする効果があります。
日常生活においては、ストレス解消法を見つけストレスを溜めてしまわず心穏やかに過ごすことが大事です。
原因が仕事上の理由の場合は、一旦仕事から離れて休息を十分取ることが望ましいです。
睡眠をきちんと取り、アルコール類を摂り過ぎないことも症状改善につながります。

スポンサーリンク