MENU

動悸息切れは、呼吸が浅いことが原因か

スポンサーリンク

呼吸が浅い、軽い坂道でも息が切れ動悸が激しくなる、そんな症状を経験すると、心臓などの病気を疑い、心配になります。

 

呼吸器や循環器の疾患、脳障害など重篤な病気が隠れている場合もありますが、殆どの場合、一度に吸う空気の量が少なく、浅い呼吸を胸だけで吸っていることが多いのです。
胸式呼吸は、腹式呼吸と違い、肺の循環が十分に行われず、動悸や息切れを頻発してしまうのです。
呼吸が浅い原因は色々あります。

 

自律神経の乱れや、ストレス、過呼吸などの酸素不足で、代謝機能の低下も起こります。
たばこや、日常の行動パターンなど様々な形で、息を早く吸うことが習慣化し、呼吸が浅い人が急増しているのが現状です。
胸式呼吸だけでは、深呼吸がうまく出来ないのです。

スポンサーリンク

 

うつ病、過換気症候群、パニック障害なども呼吸が浅い原因になります。

 

うまく息が吸えなくて、動悸としびれ、めまいなどの症状が起こる場合もあります。
息苦しいと感じたときには、リラックスできる状態を作りましょう。

 

普通の状態ならば、肺は空気を吸うことによって膨らみます。

 

しかし、自律神経が乱れ、交感神経が発達した状態のときには、ストレスによって筋肉が固くなり、肺に空気を溜められないことがあります。

 

動悸と息苦しさが慢性化する主な原因は、精神的な場合が多いのです。

 

日頃から、息を吐く長さや、空気を吸い込む長さなどに注意して、呼吸が浅いと感じた場合は、呼吸器科などを受診してみましょう。

 

腹式呼吸やストレッチなどで、姿勢の改善を計り、自律神経の乱れを整えるように心がけることが、息苦しさを回復させるために大切なことなのです。

スポンサーリンク