MENU

呼吸が浅い人の改善方法は腹式呼吸やストレッチ

スポンサーリンク

呼吸が浅いと聞いたことある人もいるかもしれませんが、実際にどのような問題があるのかについて説明します。

 

まず呼吸が浅い人の症状についてです。
主に体内に取り込む酸素が不足し、血の流れが悪くなることで体が硬くなったり冷え性の原因になります。
他にも食事で摂取した栄養分を体に運べなくなり活気が出なくなります。
さらに自律神経が乱れやすくなり交感神経が活発に働き、体を正常な状態に保ちにくくなります。
すると集中力が低下したり不安な気持ちになる、イライラするといった症状が現れます。

 

自分の呼吸が浅いかどうかをチェックする方法として、メジャーを使った肺の膨らみを確認したり、吸い込んだ空気をゆっくりと吐き出す時間の長さを確認する方法があります。

スポンサーリンク

 

呼吸が浅くなる原因としてはいくつかの例が挙げられますが、主にストレスによるものです。
他には猫背などの悪い姿勢や口での呼吸が原因になります。
中には病気が原因で呼吸が浅くなってしまう例も存在します。
こちらの場合は早めに病院へ行き治療を受けるようにしましょう。

 

呼吸が浅い場合の改善方法で最も簡単なものは腹式呼吸を行うことです。
つまり普段から口での呼吸ではなく、鼻から空気を吸い込む方法で呼吸することです。
腹式呼吸を行う場合は肩が動かないように力を抜いて行うとよいです。
別の改善方法として胸の筋肉をほぐすストレッチがあります。
後ろに手を回して組み、その状態から手を上げて胸を張るようにします。
さらに上を向いて胸が広がるのを意識するが全体の流れです。
他に姿勢を改善させる方法がありますが、口呼吸を腹式呼吸にかえるだけで風邪などのリスクを防ぐ効果もあります。

スポンサーリンク