MENU

呼吸時の背中の痛みの理由

スポンサーリンク

人の背中には脊髄があります。
特に背中にある脊髄には神経が集まっているのです。
呼吸時は腹部力を入れます。
もし息が苦しくなった時の行動は深呼吸をしようと全身を大きく広げます。
また息が苦しい時には全身に力を入れてしまうものなのです。
すると体全体が固まっている事に気がつきます。
この時は呼吸をするために必要な呼吸筋まで固まっています。
すると体を支えている脊髄に負担がくるものなのです。
脊髄には神経が集まっていますからこれが背中の痛みの理由となるのです。
その他にも呼吸時は無意識に胸と腹部を使います。
これが呼吸苦のない呼吸時の普段の方法です。
しかし呼吸が苦しい時には逆に背中に力が入るのです。
これが背中の痛みとなっているのです。

スポンサーリンク

 

呼吸時は普通に意識をせずに行えるものです。
しかし呼吸苦の時は意識を集中させて呼吸をしようとします。
これが肩で呼吸している様に見える場合があるのです。
実は腹部で呼吸をしていない時は胸の辺りを主に使い呼吸をします。
そのため努力して呼吸をしようとすると船を漕いでいる様な動作をすることがあのです。
その時に力が入る部位が背中なのです。
筋肉痛から起きる背中の痛みが理由となるのです。
呼吸時の背中の痛みの理由にはこの様な癖がついてしまうと無意識に背中に力を入れてしまうものです。
呼吸苦ではない時でも力が入るので背中の痛みとなっているのです。
人が呼吸をする時は体全体に無意識に力を入れているのです。
呼吸苦の様な時は体の反応として起きる痛みでもあるのです。

スポンサーリンク