MENU

咳が止まらない場合は原因を探るためにも呼吸器科を受診すること

スポンサーリンク

一般的に風邪や喘息、花粉症などで咳が出てしまうことはよく知られています。
風邪の場合は熱が下がっても数日咳が止まらないこともありますが、少しずつ治まってくるので気にならないようであれば問題ありません。
就寝する時にマスクを付けて寝たり、加湿器を利用して部屋を乾燥させないようにしておくことで症状は改善されます。

 

喘息の持病がある方は呼吸器科できちんと定期的に受診をして薬を処方してもらうようにすることが大事です。
また可能であれば水泳などの運動は喘息の症状を緩和することもあります。

 

最後に花粉症の場合は特定の時期に症状が出るため原因は明確なので耳鼻咽喉科や呼吸器科で診察を受けることで薬を処方してもらえます。

スポンサーリンク

 

そして一番注意すべきケースは咳が止まらない場合です。
まず数ヶ月程度咳が続く場合は何らかの病気が隠れている場合もあります。
そして突発的に咳が出て、夜寝れなくなってしまうような時は百日咳やマイコプラズマなどを発症していることも考えられます。

 

また咳と同時に熱が出たり、体のだるさを感じる時にはすぐに医療機関で診察を受けることが重要です。
まずは呼吸器科で検査を行ってもらい咳が止まらない原因を探します。
百日咳などの場合は自分だけでなく周囲の人にも感染してしまうことがあるので、小さな子供がいる家庭で暮らしている方はすぐに病院へ行くことが大切です。
以上のように咳の原因は様々なので自己判断はしないようにすることが必要です。

スポンサーリンク