MENU

呼吸数の増加、その原因

スポンサーリンク

日常で呼吸数が増加するのはどのようなときでしょうか。
大きく言うと食事、入浴、運動のときに人間の呼吸数は大きく増加しています。
運動のときに呼吸が激しくなるのは分かるけど、食事や入浴のときには呼吸は激しくなってないんじゃないかと疑問に感じた人も多いと思います。
しかし、本当は脳が気づいていないだけで、体の呼吸は増加しているんです。
分かりやすく言うと、食事のときは胃腸が食べた物を消化しているので働いているし、入浴のときは温かい浴槽に浸かったりもしますから、体の温度が上昇して体全体が働いてしまうんです。
だから、自然と呼吸も増えています。
基本的には、暑い環境にいると呼吸は激しくなります。
運動の後に呼吸が増えるのも体の体温が上がっていることが原因です。

スポンサーリンク

 

その他にも、呼吸数か増加する要因として、発熱の場合が、挙げられます。
これは、誰もが一度は経験した事がある病気なので、息が苦しくなって呼吸が増えるというのは説明しなくても納得がいくと思います。
ちなみに、風邪のときに体温が上がる理由は分かりますか。
それは、体内のウィルスや病原体を駆除するためなんです。
その体温を上げるには、体内に蓄積された脂肪を燃焼させる必要があります。
つまり、脂肪をより多く燃焼させるには、平常時に比べ、より多くの酸素が必要になるということです。
より多くの酸素を取り込むには、呼吸数を増やす必要があります。
結果、息が荒くなり呼吸数が増えます。
これが、呼吸が増加してしまう原因なのです。

スポンサーリンク