MENU

咳が続いて気管支が息苦しい!!この症状の原因って何?

スポンサーリンク

咳が出ると非常につらいですよね。
また誰か周囲にいる場合ですと、迷惑になっているいのかと咳を我慢してしまったりとつらい気持ちになることもあるのではないでしょうか?
今回は、「咳によって気管支が苦しくなる」という症状について説明をしていきたいと思います。
この原因としては「気管支炎喘息」がほとんどの原因に当たるのではないかと思います。
ではこの気管支炎喘息とはどういったものなのでしょうか?

 

原因

 

まず、多くの場合ですが、風邪やインフルエンザに感染した方に発症することが多いです。
基本的な症状として咳があるのですが、咳の症状だけで風邪と間違えられることが多いものでもあります。
風邪により、気管支が弱っていくのですが、この際に細菌が喉の奥、気管支に入り込むことで感染を起こします。
そして気管支に炎症を引き起こすことで発症します。

スポンサーリンク

 

症状

 

症状としては、主に咳があるのですが、咳が1日中続いていることが多く、それ以外にも
頭痛や発熱といった症状が起こることがあります。
また症状の原因である細菌が肺に侵入することもありこの場合には肺炎となります。
そのため、風邪から気管支炎、肺炎と順番に感染することがあります。
そして炎症の際には、気管支が腫れてしまい呼吸がしにくい状況になることがあり、呼吸していてもゼーゼーという音がしたりすることがあります。

 

治療

 

治療に関してはステロイド吸引を行い気道を確保してしっかりとした呼吸が行える環境を整えることになります。
治療期間に関してですが、大体治療を開始してから1週間から2週間ほどで症状が治まるといわれています。
しかし、中には1か月と症状が長引く方もいらっしゃいますが、まれな例といえます。
また抗生物質を投与することで症状の改善を図ります。
これは気管支炎喘息を引き起こしている病原菌にもよるのですが、検査を行い適した治療薬を使用することで治療を行います。

 

多くの方が、風邪の延長で咳だけが残っていると勘違いすることが多いのですが、大体風邪が治って1週間以上咳が出るようでしたらこの気管支炎喘息の可能性が高いといえます。
また人によってはすでに肺炎の症状が起こっている可能性もありますのでいずれにしろ早期に治療期間に行くようにしてください。

スポンサーリンク