MENU

「息苦しい呼吸」眠れない症状の原因とは!?

スポンサーリンク

息苦しいという症状というのは、何も起きている時だけではありません。
中には、睡眠中や眠りたいのに、息苦しさにより眠れないということがあります。
こういった息苦しさとはいったいどのようなものなのでしょうか?
眠れないほど息苦しいとき、どうすればいい?
ちなみに、心臓や呼吸器官に疾患や病気でないということが前提としてお話をしていきたいと思います。
この場合に考えられる原因としてあるのが、「自律神経失調症」というものです。
この交感神経(動いている時)、副交感神経(休息の時)の2つが交互に行うことで成り立っています。
しかし、この自律神経に、過剰に負荷がかかることがあり、この場合に異常が起こることがります。
特にストレスや疲れなどが日々、蓄積されている方は注意が必要です。

スポンサーリンク

以上が起こることで、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかないことが起こります。
この場合に、休息をとりたくても神経が過敏になるということになり、息苦しさや食欲不振、めまいといった症状が起こります。
またパニック障害やうつ病といった精神的な病気の原因にもなるので、早期に治療を始めることで比較的早期に症状が改善することが可能になります。
この自律神経に異常が起こり、完全にくるってしまうと、治療に長期間かかることや場合によっては治療が困難になることもあるので注意が必要です。
この病気を防ぐ方法としては、まずは自分の原因となる負担を見つけることが重要になります。
これは、会社や家庭、人間関係など実にさまざまだと思います。
これらのどれが自分にストレスを与えているのかということをしっかりと見つけることが大事です。
そしてその原因を改善するもしくは離脱するという方法を自分なりに見つけてください。
また、体の疲れなども関係してくる部分がありますので、しっかりと睡眠をとるということや食生活をしっかりとすることです。
そして、生活を規則正しくリズムを作るということが症状を改善、予防につながることになります。

スポンサーリンク