MENU

げっぷによる「息苦しい・吐き気」といった症状の原因は?

スポンサーリンク

息苦しい原因というのはたくさんありますが、今回は「げっぷによる吐き気」の症状について説明をしてきたいと思います。
この原因して考えらえるものはいくつかありますが、例えば「逆流性胃腸炎」や「胃炎」といった症状が原因である可能性があります。
これらは、胃酸が過剰に分泌されるのですが、この影響で胃、腸や食道が炎症を起こします。
この症状により、過剰にげっぷが出てしまうということがあります。
この場合には、炎症を治めるというのが解決方法といえます。
また、環境によるストレスによって炎症が起こることがあります。
ストレスが原因である場合には、ストレスのかわし方や解消方法、もしくは環境を変えるとい方法を考えてみてください。
続いてが、「呑気症(どんきしょう」というものです。
また「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」と呼ばれるものです。
これは主な原因というのは、精神的な原因ストレスなどによって無意識に唾液と一緒に空気を大量に飲み込んでしまうということで発生します。
主に20代〜50代の女性に多いとされており女性に幅広く見られる症状といえます。

スポンサーリンク

胃に多くの空気を送り込むことで、胃の不快感の他、げっぷや息苦しいという状態が起こります。
またほかにも、胃が空気により拡張するので、周囲の臓器に影響が起こり圧迫されてしまうことがあります。
この場合に、胸の痛みや心臓の痛みを起こることがあります。
呑気症の方は、奥歯をかみしめるという習慣で空気を飲み込んでしまうということがあり、その行動から、こめかみの疲労、頭痛、首のコリや肩こりといった症状が起こることがあります。
なかなかこの症状に気づかないということがあり、病院にいって気づかないということがあるようです。
治療方法に関してはいくつかあり
・食べ方の改善
・精神的な原因の改善
・お腹のガス、空気を減らす
ということで、食生活や食べ方の改善や、ストレスなどが原因である場合には精神的な要因を取り除くということを行う。
またお腹にたまった空気など出す治療薬を使用するといった方法があります。
気になる場合には医療機関、心療内科や消化器内科などでご相談ください。

スポンサーリンク