MENU

「胸骨と肺の違和感」や息苦しい原因ってなんですか?

スポンサーリンク

胸骨というと、胸郭という胸の部分になります。
また、この胸骨の内部には、「心臓や肺、気管支」など重要な臓器や器官が存在します。
そのため、この付近での違和感というのは非常に重要なものになります。
さて今回は「胸骨や肺に起こる違和感や息苦しさ」について説明をしてきたいと思います。
これらの原因として考えれるものがいくつかあるのでご紹介をしていきたいと思います。
まずは原因が気管支などによる病気が原因である場合ですが、この場合には「気管支炎喘息」などが関係していることがあります。
これは主に細菌やウイルスによってもたらされるのですが、咳が1日中出ているといった症状があります。
この場合に、強い咳が続いてしまうと、胸骨に痛みが生じることがあります。
また特に高齢者などに多いのが、「骨粗鬆症」という骨がスカスカになってしまい、折れやすくなってしまう病気です。
この場合ですと、あまり強くない咳であっても骨にヒビが入ってしまったり骨折をしてしまうということがあります。
これは決して気管支炎喘息だけの話ではありません。

スポンサーリンク

呼吸器というのは様々な病気を抱えることがあり、「風邪」「インフルエンザ」などが有名ではありますが、「花粉症」「喘息」「肺炎」など咳やくしゃみなど胸骨に強い振動を与えてしまう症例がたくさんあります。
こういった症状の際に骨が折れたり、ビヒが入ることで違和感や痛み時には強い痛みを感じることがあります。
また、この場合で怖いのが、胸骨や鎖骨の一部が肺に刺さるということがあります。
この場合ですと、呼吸ができなくなり非常につらい状態になります。
また命に関わる可能性があるので注意が必要です。
この骨の強度の低下は特に40歳から増加し始め特に女性に多く見られる病気とされています。
治療に関してはカルシウムを補給するなどの治療法になり、重度の場合には長期間の通院治療が必要になるとされています。
ご自身でちょっとしたことで痛みを感じる場合には、骨粗鬆症を疑ってみてはいかがでしょうか?
また風邪などの気管支系統の病気が息苦しさを生み出す原因であることが多いです。

スポンサーリンク