MENU

胸郭と肺の違和感や息苦しい原因ってなに!?

スポンサーリンク

胸郭というのは、非常に重要な役割を果たしており、「心臓」「肺」といった呼吸や血流を正常に行うため、また周囲の危険から守るために存在している部分です。
そのため、この部分に違和感を感じるということは、心肺機能に関しての違和感である可能性があります。
今回はそんな「胸郭と肺の違和感や息苦しい原因」について説明をしていきたいと思います。

 

まずは胸に違和感についてですが、主に3つの症状があるのでないでしょうか?
・痛み
胸に痛みを感じる場合です。痛みも様々であり、強い痛みから、鈍痛のようなあまり気にならないようなものから針で刺されたようなものなどあります。
・息苦しさ
呼吸を行う際に、苦しかったり呼吸をしにくかったりと違和感を感じる。
・動悸
心拍数が上昇することでおこるのですが、鼓動が早くなることで、緊張状態が起こったり、睡眠しづらいといったことが起こります。
また筋肉が緊張した状態が続いてしまうということがあり、他のも肩こりや首の痛みが起こることがあります。

スポンサーリンク

これらの原因として考えられることがいくつかあります。

 

・メンタル面の原因(精神的原因)
精神的な原因といってもさまざまなのですが、例えば、数時間後、翌日などに自分にとって緊張する場面がある場合に、事前に脈が上がったり、息苦しさを覚えることがあります。
また、何らかの原因によるストレスが蓄積することで自律神経が異常をおこすのですが、この際に脈のコントロールや呼吸がしにくいといったことが発生します。
自律神経失調症になると治療が非常に困難になるため、そのまえに治療を始めることが先決です。
・呼吸器系統、胃腸系統の病気や疾患
胸郭には様々な器官があり、気管支、肺、食道といったものがあります。
これもさまざまであり、肺疾患や気管支炎、食道炎や胃腸炎などにより胸に違和感を感じることがあり、その症状もさまざまです。
・心臓に関する病気や疾患
心臓に関してはメンタルの部分でも多少あるのですが、それ以外として心臓の疾患などの可能性があります。
狭心症や不整脈、心筋梗塞などがあり、命に関わるものから不整脈など突然脈が狂うといったものまでさまざまです。

 

上記が主に考えられることではあるのですが、これ以外にも症状や原因もあるのではないかと思います。
ほんの一部の症例などになりますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク