MENU

「胸が重い・息苦しい」という症状の原因ってなに?

スポンサーリンク

私生活の中で人は様々な違和感を感じます。
そして、その症状が病気であるとある程度認識することができます。
人間には様々な感覚がありひとつひとつが非常に優れているためにできることです。
しかし、この症状の1つ1つをある程度感じることができたとしてもその病気を判断することは困難といえます。
さて、今回は、「胸が重く息苦しい」という原因について説明をしてきたいと思います。
これも原因というのは様々ありますので、可能性としていくつか候補を挙げていきたいと思います。
またこれ以外にも原因が異なることも十分考えらえれるので、候補の1つとして参考にしていただければ幸いです。
され、胸部の息苦しさで一番心配を感じるものと言えば心臓疾患になるのではないでしょうか?
主に、心筋梗塞や、心不全、狭心症といった病気があるかと思います。

スポンサーリンク

これらの痛みの様々あるのですが、胸が重いと感じる症状や不快感を感じるような感覚の方など様々です。
また、腕に痛みを感じるという方も中にはあり、ちょっと素人判断では特定は難しいといえます。
また痛みが5分以上ある場合には狭心症、30分近くあると心筋梗塞の可能性があります。さらに突然、強い痛みを訴えて倒れてしまうということもあります。
原因は実にさまざまですが、特に動脈硬化、高血圧、喫煙、高脂血症など該当する方は心臓疾患のリスクが高いので注意が必要です。
他の病気としては、「食道炎」の可能性もあります。
この場合には胸が重くなるような感覚の他、胸やけなどの症状があります。
空腹時や食前、食後に起こることが多く、ストレスや暴飲暴食が原因であることが多いです。
また「肋間神経痛」による痛みの場合もあります。
これは一種の神経痛で背中や胸に痛みを感じることがあり、この場合にはどちらかというと針で刺されたような痛みを感じることが多いとされています。
上記の病気でも個人差があり、症状の現れ方など実の様々であり1つの意見として参考にしてください。
また痛みを感じたらできる限り医療機関で検査を行うようにしてください。
早期治療により命に関わるリスクや私生活での制限なども大きく異なってきます。
また治療に関しても軽度なことで済むことが多いです。

スポンサーリンク