MENU

夜「体がかたくなる」「胸も苦しい」などの症状の原因って何?

スポンサーリンク

人間というのは睡眠をとることが非常に重要とされています。
体の疲れをとるということもあり、なおかつ体の異常を治したりと睡眠時に得ることは多いです。
さて、今回は「夜、体が硬くなる」ということについて説明をしていきたいと思います。
正直いって、この症状だけですと、なかなか特定を行うというのは困難といえます。
まずは「自律神経失調症」が原因の可能性
自律神経失調症というのは、体の様々な部分を自動でコントロールしてくれる機関です。
例えば、真夏の暑い日に汗が出たりという経験は誰もがあると思いますが、これは自律神経が、熱で体がもたなくなると判断して自動で汗を出しています。
これと同様に人間の体の無意識の部分、胃酸を出したり、体温調節であったりとこういった部分で活躍をしています。
ストレスなど体に負担がかかると、この自律神経というのは徐々に狂いをおこします。
そして、これにより、例えば、寒いのに汗が出てしまったりとズレが起こります。
自律神経に負担がかかり続けるといずれこの器官が壊れてしまい体中に多くの症状を起こします。
この症状というのも、非常に数がおおくその中で、「体が硬くなったり、手足のしびれ」を感じることがあります。また胸が苦しいと感じることがあります。
この自律神経というのは、複数の症状が出る場合もあれば単体で症状が出る場合もあり非常に判断が困難ということがあります。

スポンサーリンク

続いてが「膠原病」の可能性です。
膠原病の中でもリウマチなどで手足のしびれを感じます。
また手足、特に指、関節部分が固まってしまうということがあります。
放置すると、変形を起こしてしまい私生活に支障が出てしまう病気です。
特に初期に処置を行うべき病気ともいえます。
続いてが「パーキンソン病」です。
こちらは、体や手足の震えや動作がゆっくりになったり、体が硬くなるといった症状が起こります。
特に起床時に体が硬くなり動かないということがあったりとします。
また私生活でも徐々に転ぶ回数がふえてしまったり、ふとした瞬間に筋肉が硬くなったりしてしまうことがあります。

 

以上が夜、体が硬くなる原因ですが、一概に上記の病気が該当するとははっきり断定することはできず、これ以外にも該当する病気も存在するので、一つの意見として参考にしていただき、早期に医療機関で検査を行うことをおすすめいたします。

スポンサーリンク