MENU

長引く呼吸困難による息苦しい原因って何!?

スポンサーリンク

呼吸というのは人間にとって実に重要なものです。
これは特に説明をする必要はないかとおもいますが、呼吸をすることで人間というのは生命活動を行うことができるということがあります。
さて、今回は「長引く呼吸困難や息苦しい原因」について説明をしていきたいと思います。
長引く呼吸困難という風に書いていますが、これは原因により異なってきます。
例えば咳が継続して出るために呼吸ができないというものもあれば、呼吸の機能自体が低下してしまうということもあります。
ではこの原因について説明をしていきたいと思います。
まずは「精神的原因」です。
いきなり、病気などから離れたことを書いていきますが、これは実はよくあることです。
人はストレスや緊張を極度に感じると肉体に影響が出てきます。
そして、その負担が長期間かかることで自律神経に異常を起こすこともあり、中には自律神経自体が壊れてしまうということもあり、治療に多大な時間がかかる場合があります。
個人差はあるのですが、精神の部分で拒絶反応や緊張などのストレスを感じたりした場合に、呼吸ができないとう症状が起こることがあります。

スポンサーリンク

この原因を解決するには根本の原因を改善、解決することが重要になります。
さて、続いてですが、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」です。
こちらの、喫煙や空気の悪い場所に長期間いることで発症するのですが、肺の細胞が死んでしまい肺の呼吸機能が大きく低下してしまうものです。
あまりに深刻な場合には酸素ボンベが必要ということもあるのですが、呼吸困難というよりも肺機能の低下ににより呼吸がしずらいということがあります。
続いてが、「喘息」です。
喘息の主な原因は、「アレルギー」になります。
これも実に様々で空気の悪い場所もあれば、塵、埃、ハウスダスト、煙、排気ガス、花粉、食べ物など実の多くのものがあります。
上記はほんの一部でしかないのですが、こういったアレルゲンにより強烈が咳が起こり呼吸ができない状態に追い込まれることもあります。
続いてが「気管支炎」「肺炎」です。
主に、呼吸に関する気管に起こる炎症ですが、炎症により気管支の狭まります。
これにより、1度の呼吸での酸素供給量が低下してしまい呼吸が苦しくなることがあります。

 

これら以外にも原因というのはいくつも存在するかと思います。
医療機関で検査を行いしっかりと症状を把握することが重要です。
上記を見てみると、あまり命に関わらないものから命に関わるものまでありますので早期に医療機関に行くようにしましょう。

スポンサーリンク