MENU

「咳による息苦しさ」病院選択はどうすればいいの?

スポンサーリンク

皆さんは咳によって悩まされたことがあるのではないでしょうか?
主に風邪などが多いのではないかと思いますが、風邪の症状が治まっても咳の症状だけ残ってしまったという場合もあれば、咳がだけが症状としてあられるということもあるのではないかと思います。
またその咳も呼吸ができないような症状のものから、1日中咳が起こるまで実に様々あります。
こういった症状の場合には一体どのような病院に行くのが好ましいのでしょうか?
今回は咳による息苦しさの場合の病院選択について説明をしていきたいと思います。
まず、一概に咳と知っても多くの病気が存在します。
「風邪、インフルエンザ、アトピー、咳喘息(気管支炎喘息)、喘息、副鼻腔が原因、逆流性食道炎、百日風邪、慢性気管支炎(慢性閉塞性肺疾患)、肺炎、結核」
いくつか病名などを挙げてはみたのですが、これはほんの一握りでしかありません。
これ以外も咳が出る病気というのはたくさん存在します。
これらの病気の中でも強い咳が出るものから軽度なもの、また短期間で症状が治まるものから、長期間続くものまで存在します。

スポンサーリンク

こういった違いはあるのですが、基本的には病院選択というのはあまり違いがないといえるかと思います。
必要におおじて、セカンドオピニオン、サードオピニオンと必要であれば様々な医療機関で検査、相談をしてみてください。
さて、病院についてですが、いくか存在します。
一番メジャーなもので幅広く病気を診察してくれる場所でも「内科」です。
たいていの咳の症状の病気はこちらで治療ができるかと思います。
こちら以外にも「呼吸器科」「呼吸器内科」「耳鼻咽喉科」でも同様に診察、検査を行うことができるのでこういった医療機関を選択するのもこのましいかもしれません。
咳にも、肺炎など乾いた音の咳といったものや喘息ですとゼーゼーという呼吸になるような咳もあります。
こういった特徴はあるのですが、一概に素人では判断をすることが困難なものもたくさんあります。
ですので、医療機関でしっかりと原因を突き止めて治療を始めるようにしてください。

スポンサーリンク