MENU

貧血の症状で「息苦しい」この原因ってなに?

スポンサーリンク

皆さんは貧血の経験をお持ちでしょうか?
特に女性に多いとされるものですが、意外と身近なことでも起こります。
例えば、数分間、かがんだりしている状態から急に立ち上がったりするとくらっとしたりすることありませんか?これも貧血の一種になります。
人により症状は異なりますが、今回は「貧血による息苦しさ」について説明をしていきたいと思まます。
貧血はかるい立ちくらみのような軽度な症状のものから、意識を失ったりしてしまうものまであります。
さて、貧血によって息苦しさの症状を起こすことがあるのですが、それはどういうメカニズムなのでしょうか?
血液というのはご存じのとおり、体中にめぐっており体中に酸素と栄養を運んでいます。
これを「ヘモグロビン」というものが主に起こっているのですが、このヘモグロビンが減少することで酸素の供給量が減少してしまうということがあります。
酸素量が減少することで体は酸素を運ぶ量を増やそうと考えます。

スポンサーリンク

それが、呼吸の回数を増やす事です。
呼吸回数が増えることで動悸が起こります。
そして、これにより息切れや息苦しさがおこります。
なってしまったとき、常に動悸も伴っているのです。
貧血の原因として多いのが、鉄分の不足が関係してるとされています。
そのため、この症状を改善するために日ごろの食生活で鉄分を含む食事を取り入れる必要があります。
また、日々の生活の中で1日15分でもしっかりと歩く習慣をつけることが大事です。
これによって貧血の症状が改善することが期待できるので貧血の症状をお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか?
また近年、健康志向があがりサプリメントからでも鉄分を取ることができるようになりました。
日ごろの食生活の改善が困難な方は試してみるといいかもしれません。
また妊娠中ですと鉄分不足になることがあり、さらに出産後も体質が変わり今まで貧血の経験がない方も貧血になる可能性があります。
貧血は誰にも起こる病気としてとらえるようにしてください。

スポンサーリンク